クレジットカードなどのことを調べていると「枠」という概念を目にすることは多いのではないかと思います。これ、初心者にはよくわからないですよね。

クレジットカードなどにおける「枠」というのは、「使うことが許されている範囲」のようなものです。たとえばショッピング枠。これはそのカードが買い物に使える範囲という意味になります。たとえばショッピング枠が50万円となっていたら、そのカード1枚で最大50万円の「買い物」ができるということになるんですね。ショッピング枠が30万円なら30万、20万なら20万と、使える額の最大値、範囲のことを「枠」といい、ショッピング枠の場合、それは買い物に使える額のことを表しているのです。

キャッシング枠というのも、それと同じようなものです。キャッシングというのは「お金を借りる」ということを意味しています。銀行のキャッシュカードとは無関係なので注意してください。クレジットカードには大概、ショッピング枠とキャッシング枠が付帯しており、キャッシング枠の意味するところは、そのカードを使ってできる借金の最大の額です。たとえばキャッシング枠が10万円であれば、最大10万円、そのカードを使ってお金を借りることができるのです。

ちなみにキャッシングはATMさえあればいつでもすることができます。銀行が閉まったあとでも、深夜でも、コンビニなどのATMから必要なお金を引き出すことが可能です。

その返済方法は、そのカードごとによって違いますが、今はリボ払いが主流です。リボ払いというのは、借り入れた額に対して、毎月一定の額を返済すればいい、というもの。会社ごとに月々の返済額の最低額が決められており、あなたはその最低額以上の返済をすればいいのです。10万円以下の借入れは月々3000円以上の支払いとする、と決められていれば、あなたは毎月3000円を返済するだけでいいんですね。

大きな額を借りやすい、返済に生活を圧迫されにくいというのがリボ払いのメリットですが、そのぶん返済期間が長引いて、利息負担が大きくなるというデメリットもあります。よく言われることですが、「ご利用は計画的に」ですね。

リボ払い専用のカードも?

クレジットカードやキャッシングカードの中には、リボ払い専用のカードというものがあります。最近ではこの手のカードが非常に多くなりました。リボ払い専用カードだと、どんな場所でどのような返済方法を選択しても、自動的にリボ払いになるのです。

たとえばあるお店が、クレジットカードの支払いは一括しか受け付けていないとします。そこであなたはリボ払い専用のカードで支払いをします。するとその店の店員がどのように処理したかに関わらず、あなたはリボ払いで借りたお金を返していけばいいのです。いちいち「リボ払いで」と伝えなくていい、どんな店でもリボ払いにできるというのは大きなメリットですね。

そしてこのリボ払い専用のクレジットカードの場合、これに付帯しているキャッシング枠を利用したときにも、自動的にリボ払いが選択されることがほとんどです。キャッシングカードでも、リボ払い専用ならば、とくべつこちらで設定しなくとも、月々の返済はリボ払いとなります。

返済の方法などを特に考えなくてもいいのは非常に楽です。が、そのぶん使いすぎてしまう可能性も高いので、キャッシングをする際には本当にそのお金が必要かどうかを考えるようにしましょう。

ちなみに借りたお金は、ATMなどからいつでも返済することができます。また、月々の最低支払額を自分で上げることも可能です。たとえば10万円以下の借入れは3000円以上の返済、とされているカードで、その最低3000円の返済を、5000円とか1万円とかに引き上げることもできるんですね。その手続きはネットで可能ですから、自分の経済状況にあわせて設定するようにしてください。

早く返せばそのぶん利息負担は小さくなりますので、計画的に返済をしていきましょう。

Comments are closed.

Post Navigation