葉酸サプリの効果とは?

最近何かと話題になっている葉酸サプリ。みなさんも一度は耳にした、目にしたことがあるのではないでしょうか。しかし「葉酸」と言っても、ちょっとぴんとこないというか、あまり馴染みがありませんよね。それでは、葉酸とは、そのサプリメントとは、いったいどのような効果を持つのでしょうか。

葉酸というのは、ホウレン草から発見された栄養素で、研究の結果、人の細胞を作る働きを手伝う作用があると判明したそうです。人の体は、絶えず細胞が分裂し、体の機能を整えたり、大きく発展させたりしています。葉酸はそれを手助けするのです。その意味では、葉酸は人が健やかに成長する助けとなるものだと言えるでしょう。サプリメントは、その葉酸を手軽に摂取できるひとつの媒体であるわけですね。

どうしてこれほどまでに葉酸が注目されだしたのかというと、妊娠中の女性が葉酸を摂取すると、おなかの中の赤ちゃんが障がいを持って産まれてくる可能性が「低くなる」ことがわかったからです。先ほど、葉酸は細胞の分裂を手伝うと書きましたが、赤ちゃんというのも、最初は小さな細胞が、すこしずつ分裂して、次第に大きくなっていくわけですから、葉酸を飲めばそれが円滑に行われると考えていただければよいでしょう。

このことは医学的に証明されており、厚生労働省も(妊娠初期の)妊婦さんには毎日400μgの摂取を推奨しています。公的な機関が発表するくらいなのですから、葉酸という栄養素の重要性はきわめて高いと言えるのではないでしょうか。

葉酸が過度に不足するとどうなる?

先ほど、葉酸を摂取することで、赤ちゃんが障がいを持って産まれてくる可能性が低くなると書きましたが、では不足していた場合にある、その「障がい」のリスクとはなんなのか。それは、神経管閉鎖障害というものです。

神経管閉鎖障害とは、脳や脊髄に起こる先天的な異常のことです。私は医師ではありませんので、医学的なことをここに書くことはできませんが、簡単に言えばこれは「奇形」です。頭部が正常に形成されない「無脳症」といったような異常。葉酸をまったく摂らずにいると、これの発症リスクが高まるということです。結構怖いですよね。

赤ちゃんが元気にうまれてきてほしいと願うのは、母として普通の感情だと思います。葉酸を摂ることで、一切のリスクが排除されるというわけではありませんが、できることをできる限りやるのが、母親の務めですよね。葉酸サプリを摂取すれば、奇形というリスクをひとつ排除・低減できるのですから、妊娠したという方には、ぜひとも葉酸を摂取することをおすすめします。

コチラのサイトもわかりやすくてオススメ→葉酸サプリ 効果

Comments are closed.

Post Navigation